普段から日焼け止めで紫外線防止

若い頃は夏は海に冬はスキーと紫外線を浴びまくり、日焼けも気にしていませんでしたが、美白がブームになったころから日焼けは肌や老化にも悪影響ということを知り、それからあわてて紫外線対策として日焼け止めを使用するようになりました。
ただ、仕事も内勤で車通勤でしたので、日常では高SPFの日焼け止めは使用していませんでした。

なぜなら、高SPFのものは、いかにも日焼け止めというか自分が使っていたものはどろっとしていて使い心地もあまりよくなく、肌にも負担がかかりそうだったからです。そこで、普段はBBクリームを使用していました。BBクリ―ムだと1本でメーキャップが完了し日焼け止め効果もあるので便利だったからです。ただ、春先位からは紫外線が強くなってきてBBクリームだけだと不安だったので、紫外線防止効果のある化粧下地を使用し、さらにUVタイプのファンデーションを使用しています。その場合でもSPFはあまり高すぎるものは選ばず中程度のもので十分です。その代わり、汗をかいたらUVファンデーションを塗りなおすなどこまめに日焼け止めを行っています。また、顔だけでなく半袖を着る季節には、ジェル状の日焼け止めを身体に使用しています→参考サイトはこちらから

こちらは、SPF自体はそれほど高くないですが、さらっとした使用感で肌へのつけ心地もよいので負担にならずに使っています。洗濯物を干す時やちょっとの外出でも日焼けするそうなので、外に出るときは低SPFの日焼け止めでも必ず塗るように心がけています。